アジアのいい未来を北九州から。

北九州市、日本の環境技術を集約し、環境ビジネスの手法で、アジアの低炭素化を推進します。

 北九州市は「世界の環境首都」及び「アジアの技術首都」を都市ブランドとして構築することを目指しており、環境モデル都市(平成20年7月選定)として2050年には、CO2排出を市内で2005年比50%、アジア地域で150%削減するという目標を掲げています。
 そのため北九州市はアジア地域の低炭素化を通じて、地域経済の活性化を図るための中核施設として、「アジア低炭素化センター」を開設しました。

アジア低炭素化センターの役割

技術移転

専門人材の育成調査研究・情報発信