ASIAN GREEN CAMPアジア低炭素化センター環境未来都市 北九州市

  • トップ
  • アジア低炭素化センターについて
  • トップメッセージ

トップメッセージ

アジア低炭素化センター長 小宮山 宏(元東京大学総長)

アジア低炭素化センター長 小宮山 宏

地球温暖化問題という難問を世界に先駆けて解決し、活力ある日本を創造することがいま強く求められています。

アジア低炭素化センターは、企業、市民、行政、地域社会が力を合わせて、こうした課題解決に応えるために開設されたものです。センターでは、環境技術の輸出だけではなく、人材育成などを含むハード・ソフト面の両面から支援を行い、それらを最適に組み合わせることでより高い効果を発揮できるシステムをアジア地域へ移転することを目指しています。

このセンターの活動を通じて、脱炭素社会を実現するためのムーブメントを、日本、アジア、そして世界に広げていきたいと考えています。

北九州市長 北橋 健治

北九州市長 北橋 健治

2020年10月、本市は、2050年までに温室効果ガス排出実質ゼロをめざす「ゼロカーボンシティ」宣言を行いました。

本市は1960年代から深刻な公害を経験しましたが、それを環境と経済を両立させながら克服してきました。今回のゼロカーボンへの取り組みにおいても、「環境と経済の好循環」を実現することを目指しています。

アジア低炭素化センターは、2010年、環境モデル都市の柱の一つとして、アジア地域の低炭素化を進めるための中核組織として設立しました。

本市はこれまでも公害克服の経験やエコタウン事業のノウハウを活かしてアジアの環境改善に大きく貢献してきました。本市では、引き続き「環境」と「アジア」に視点を置いた取組みを進め、成長著しいアジア全体の脱炭素社会の実現に向けた貢献を通して、地域経済の活力を高め、更なる飛躍を目指します。

PAGETOP